闇金からの取り立て電話の対策を紹介します!

闇金からの、たび重なる請求の電話やいやがらせには、このように対応したほうがいいですね。

請求の電話が来たら、弁護士に払うなと言われている、弁護士が対応するからと言われたということですが、近頃のヤミ金はこのような状況で取り立てをやめてしまう場合もあります。

弁護士の名前と電話番号を教えろというような場合は、ストレートに警察へ行くことです。

ですが、警察が電話を代わってくれても、歯が立たないことが多いです。

警察に闇金の被害に合ったことを相談しても軽くあしらわれることが多いので、そんな時は検察庁へ相談するといいです。

検察庁は、警察が全然対応してくれなくて、刑事告訴したいと言うとだいたいは動いてくれます。

闇金はしつこいので、できることから試してみるのがいいです。

闇金の名刺や郵便物は証拠ですので、捨てずにとっておきます。

メールも証拠ですので、保存しておくといいです。

闇金との会話は録音し、違法契約や違法金利などの脅しの証拠が取れれば刑事告訴できます。

刑事告訴できれば、どんな悪質な闇金でもトラブルを解決することができます。

録音方法がわからない時は、電気店に聞き、録音するものがない場合はそんなに多額ではありませんので、購入もできます。

弁護士に相談するのが一番手っ取り早いですが、闇金への対応がさまざまですので、正義感に燃える弁護士なら最高です。

資金規制法が適用されない金券屋に移行するものもいますので、券屋は手怖いので注意です。

おすすめサイト>>>>>闇金キャンセル料で困ったら見るサイト!