消費者金融は比較して選ぶことが大切

消費者金融を利用する場合、どこでもたいして違いがないと思っていませんか?実はよく比較して利用しなければ、同じ金額を借りたとしても、総返済金額が異なり、結果的に損をしてしまうケースがあります。

消費者金融を選ぶ時には、多くの人がいくらまで貸してもらえるのかという点に注目しがちですが、実際にはいくら借りた時にいくら返す必要があるのか、いつまで返す必要があるのかという点をチェックすることが必要です。これをチェックするためには、貸付金利と、返済方式をしっかりとみる必要があります。貸付金利が高ければ、返済時に支払う利息が高くなります。

返済方式によっては、返済期間に差が出てきます。利息は金利と借りた期間によって計算されますので、返済期間が長くなればそれだけ支払うことになる利息も高くなるということです。例えば、10万円を借りた場合、金利18.0%の場合と17.8%の場合であれば17.8%で借りた方が利息は安く、10万円を一括で返済した場合と、10回に分けて返済をした場合では、1活返済をした場合の方が利息は安くなります。

さまざまな要素を組み合わせて比較をすることは難しいですが、最終的に支払うことになる利息の金額を比較することでお得に借りることが出来る消費者金融を探せますよ。