決め手となったこと

私が購入したのは、分譲マンションでした。その当時に付き合っていた彼氏と同居する住まいとして、購入を決めました。

購入する物件に対しての私の条件は、当初はぼんやりとしていました。立地は治安がいいところ、大きさは50平米以上、2階以上という条件だけでした。この条件に当てはまる物件は多くありました。ですが、ほとんどは物件の広告を見てすぐに自分の求める物件でないという物件ばかりでした。
物件の広告を見たり、実際に物件を見てきた中で条件として浮かんできたのは、築年数と管理体制でした。築年数は新しければ新しいほど良いですが、物件として重要なのは管理がよく行き届いているかどうかで、物件の質が大分変わると感じました。例えば、築年数が全く同じであっても、こまめに清掃されていたり、常駐の管理人がいるマンションの方が外見的にも新しく見えますし、設備としても安心感があります。
私が最終的に購入を決めた物件は、購入の決め手となったのは管理体制でした。常駐の管理人が綺麗好きで、清掃が行き届いていることがとても好印象だったからです。
家売る 宮城