借金は嫌ですが、現実はキャッシングに助けてもらっています

キャッシングなどでお金を借りること、いわゆる「借金」ですね。当然、返さなくてはいけないものですから、できればしたくないですね。
しかし、保険料は年々上がり消費税がアップされても、給料は上がらず安定収入もなく、

生活は苦しくなる一方。
どんなに節約しても、どうしても生活費や支払いに困ることも出てきてしまいます。
そんな時には、私も仕方なくではありますがキャッシングにすがっています。
借りる時は簡単に何万円も手にできるのですが、返済は少しずつなので借金とは長いお付き合いになってしまいます。当然、完済前に生活費に困ってしまうことも度々あります。返済がなければあと数万円使えるのに・・・と思うこともしばしばです。

どうしてもキャッシングしたい場合はプロミスがおすすめ。プロミスは審査が丁寧で最短30分で回答があります。30日間無利息期間もあるので結構負担が少なく借りれます。審査と条件次第ですが。プロミス審査の情報サイトはこちら

それでも、キャッシングをしていなければ生活できなかったのです。返済で現在の生活が苦しくても、キャッシングに助けてもらったのが現実です。
ただし、キャッシングをする時は毎月の返済額だけは確認しなくてはいけません。私はリボ払いが残額によって月額が増えることに気づかず、借入枠いっぱいまでのキャッシングを繰り返した経験があります。気をつけましょう。
借金なんてないほうがいいに決まっていますが、頑張って働いて支払っていきましょう。生活できないところを助けてもらったのですから、地道に働いて残額をちょっとずつ減らしていこうと思います。