グレーゾーン金利とは?

任意整理による債務整理の場合、どの位過払い金があるのか・・が勝負です。
過払い金は利息制限法と出資法の金利の差額の事です。
利息制限法では、借入金が10万円未満のときは年の金利が20%
10万円以上で100万円未満の場合は18%の金利
100万円以上は15%の年間の金利が上限である・・と定められています。
これ以上の金利は無効であり、取ってはいけない事になっています。
ヤミ金の相談に来る人はトイチなんかで借りているんですね。

しかし、2006年以前の消費者金融業者などはもっと高い金利をとっていました。
これは出資法の上限金利が29.2%で、これ以下ならば刑事罰の対象にはならない
という理由からでした。
しかし、最高裁判所の判例で、この要件を厳格に解釈すべき・・と判決が出ました。
これで、29.2%の金利を仕える余地が無くなったんです。
この出資法(29.2%)と利息制限法の最高金利の差額がグレーゾーン金利の正体です。
従って、2006年6月施行された改正貸金業法では、過去に遡ってグレーゾーンの
金利を再計算して、借りてに返却しないといけなくなりました。
この差額が過払い金です。
この為、消費者金融やクレジット会社は多額の過払い金を負担しないといけなくなりました。
消費者金融の最大手の武富士が倒産したのはこの為です。
そして、現在ではグレーゾーン金利は無くなっています。